腕と肩一般的な頭痛頭部と頚部臀部と脚部最先端骨格矯正腰痛
シビレ坐骨神経顎関節症薬や手術を用いないで行う治療ムチ打ち症

最先端骨格矯正の視点から腰痛を捕らえる


腰痛は、患者を悩ませるもっとも一般的な健康障害で、あなたも一生の間には経験することかも知れません。実は、腰痛においては、10人中8人以上の人が成人してから痛みを伴う何らかの脊椎症状を経験します。
腰痛は、脊椎の構造因子の椎骨、椎間板、筋肉そのものに障害があることを示しており、そうでなければ、体内にある他の障害の症状の現れです。
腰部は、腰椎の五つの椎体に加えて骨盤と仙骨、尾骨、臀部の関節から成り立っています。椎体は、骨の塊として考えられますが、一番重要な機能は負荷に耐え、脳と共に神経系の中枢を形成している脊髄を覆ってしっかり保護することです。また、”disc” (椎間板)は、とも呼ばれ、衝撃吸収材として考えられますが、脊椎分節が運動できる様にする機能もあります。

腰痛には多くの原因があります。腰痛の一般的な原因は、脊椎の骨格構造のアンバランスや、筋肉が脊椎を正常に支持していないことにあります。腰痛の中でも痛みが強く比較的重症の例では、脊椎の神経がひどく圧迫されて、痛みと痺れが入り混じって脚部にまで広がります。この場合、しばしばよく「椎間板ヘルニア」と関連しており、椎間板の一部が神経を圧迫した結果です。腰椎は、座ったり、屈曲したり、体を捻じったり、物を持ち上げるといった日常生活の中でよく起こる動きによって負担がかかり、家庭や職場での事故や自動車事故のような特殊なことがあると傷害が生じることがあります。
骨格矯正・ドクターは、体の構造のアンバランスを評価し、外科手術や薬を使わずに、特別な力を瞬間的に脊椎に加えることで神経系に働きかけて治療を行うことを専門としています。


腰痛の早期発見

1.腰部に弱いながらもあなたを困らせる不快な症状はありますか?
2.腰の辺りに疲労感を感じたことはありますか?
3.脚や足が痛んだり痺れたことはありますか?
4.腎臓障害もしくは膀胱炎がありますか?
5.吹き出物がありますか?
6.しょっちゅう胃の調子が悪いですか?
7.便秘または度々の下痢でお困りですか?
8.痔があり、足首が腫れるか、直腸に掻痒感がありますか?
9.月経異常がありますか?
10.不妊症、インポテンス、前立腺障害がありますか?
11.長時間座っていると苦痛を感じますか?

もし一つでも「はい」と答えた方は、腰部の骨格の歪や間接亜脱臼が原因であなたを苦しめているのかも知れません。腰痛がまだ目に見えてひどくなっていなくても、上に書かれた症状はすべて腰部に障害がある可能性を示しています。また、他の病気による症状であるかも知れません。